麻布十番ザ・タワーデンタルの3つの大切にしていることの③つ目です。

それは、歯の神経を大切にして、歯を長持ちさせることに重点をおいているということです。

歯の神経には、神経と一緒に血液が流れています。その血液から歯は栄養をもらっているのです。一旦神経を取った歯は栄養がもらえなくなり、そして、もろくなります。噛むという力は自分の体重くらいかかっていると思ってください。そんな力が食事のたびに、もしくは歯ぎしりや踏ん張って力を入れたときにかかってくれば、それは結構な負担にりますよね。それが割れる原因にもなり、それが抜歯の原因にもなるのです。

虫歯でどうしようもなくて、神経治療をせざるを得ないことは多々あります。それはそれで仕方のないことで、ただ、そうなる前にもっと早い段階で虫歯を取り除くことで、歯の神経が守れるのです。

歯の命の源の神経!大事にしてほしいのです。

痛くないからまだ大丈夫!と、多くの方がおっしゃられます。

でも本当にそうなのでしょうか??

ちゃちゃっと描いたので、雑で申し訳ないのですが😓

文字で説明するとわかりにくいので、絵にしてみました✌

けども、文字でも説明します!

歯の表層は、エナメル質というもので覆われています。ここには、熱い、冷たい、痛いなんていう感覚を感じないところなのですが、エナメル質の下には、象牙質といものがあります。その象牙質で、痛みを感じるのです。象牙質の中に神経はいます。痛いと感じたときには、この象牙質まで虫歯が進んでしまっているのです。手遅れになる前に、早めの受診と治療を、すごくおすすめします‼‼‼