院長日記2019-03-13T12:58:48+09:00
2019/03/092019/03/09

アサイーパウダーでインスタ映え?ねらってみました

ハイきた!画像から投稿技(笑)!何が技なのかは不明です(笑)。

というわけで?インスタ映えをねらったというか、出来たら、なんかインスタ的じゃないの?!ってなっただけなのです。

アサイーパウダーをアメリカのスーパーで発見した時に、なんかこれって日本で人気のやつだったんじゃない?って頭をよぎったので、買ってみたのがきっかけでした。

よし!アサイーボウルを作ろう!ってなるよね(笑)

でも私の作ったことのあるアサイーボウルのアサイーは冷凍だったのをバナナとかとミキサーしたような記憶があるので、パウダーって?!どうするの??

そこでヨーグルトに混ぜてみました。実はアメリカにいた時の朝食に、ギリシャヨーグルトにフルーツとシリアルのせたのを毎度食べていたので、そのヨーグルトにアサイーパウダー混ぜたら、アサイーボウルになる気がすると想像で作ったわけです。

でも、全然紫が薄い。のと、粉っぽい!!えーなんか違う!と思って、2回目は、ギリシャヨーグルトに小岩井のとろとろヨーグルト混ぜてみたんですね。ギリシャヨーグルトは、硬め?むっちり?な感じのヨーグルトで。で、練りが足りないんじゃないかと思って、ミキサーでガーって。

そしたら、なんと、超サラサラなヨーグルトになってしまったー(T_T)

ギリシャヨーグルトよ、君は、高速で撹拌されると負けるのか。

でも、まあシリアルいれたりしたから、ちょうどいい感じでもあったけど😅

こちら、たまたま見つけて買ってみたグラノーラ。これが低糖質半端ない気がしたんだけど

1食辺り(40㌘)8.8g。他のグラノーラをチラっとみたら42gとかあって、いや、でもこれでも糖質50%オフだから、そもそも低いわけか、とか思いつつ、大豆ってどうなんだろうと思ったけど、私的には全然アリでした〜👍

ただ、毎朝、ミキサーで撹拌するのは面倒だなあとか、せっかくのギリシャヨーグルトが超サラサラになるのもなんだかなぁとか、アサイーパウダーのもっとうまい使い方ないかなぁ😐誰かご存知の方ご教授ください!!

2019/03/062019/03/06

ハーバード大学でのセミナーその2

ハーバード大学歯学部でのセミナーは、朝8時にロビー集合で、とても早い!!

クリニックの診療時間と同じ!

初日には、色々資料とIDをもらいます。このIDがあることで、大学内を自由に歩き回れるのです。

実際のセミナーは90分一コマで、ハーバード大学歯学部の先生達がたくさんのことを教えてくれました。

こんな感じで学びます。

お昼は、学生さんや先生たちと混じって学食でいただきました。

このビルの中にあります。

ビュッフェで重さで値段が決まるのですが

何グラムでいくらなのかは不明😅私の選んだランチはこちら!サラダとピザにヨーグルト。

他にもサンドイッチやスープ、カレー?みたいなもの、お米、フライ物、デザートなどありました。

美味しかったですよ!サラダの種類が豊富で驚きました😊ちなみに、このサラダに乗ってるのは、ツナとサーモンフレークのミックスで、サーモンって珍しいなあと思いゲットしました。

 

一緒のテーブルに座っていた学生さんは、食べながら勉強してて、さすが!!ですね🤩

さてさて、もう少しハーバード大学ストーリー続きます。

2019/03/012019/03/01

ハーバード大学でセミナーを受けました!

先日お休みをいただいて、アメリカのマサチューセッツ州ボストンにある、ハーバード大学で数日間セミナーを受けてきました🤗

かっこいいわーと感動😊

こちらが旧校舎。趣あるわ〜😍

そしてこちらは、隣にある新校舎のロビーの一部。すごい一部です。

 

外観はこんな感じ。近代的‼

いや、とりあえず、ボストンはとんでもなく寒くて、ダウン着てグローブしてても、手がかじかんでくる。。。どんなけ寒いんや!!と、初日からビビりしましたね。。。

さて、ハーバードストーリーは次へ続きます。

2019/02/212019/02/21

こだわりその③ 歯を長持ちさせることを大切にしてます

麻布十番ザ・タワーデンタルの3つの大切にしていることの③つ目です。

それは、歯の神経を大切にして、歯を長持ちさせることに重点をおいているということです。

歯の神経には、神経と一緒に血液が流れています。その血液から歯は栄養をもらっているのです。一旦神経を取った歯は栄養がもらえなくなり、そして、もろくなります。噛むという力は自分の体重くらいかかっていると思ってください。そんな力が食事のたびに、もしくは歯ぎしりや踏ん張って力を入れたときにかかってくれば、それは結構な負担にりますよね。それが割れる原因にもなり、それが抜歯の原因にもなるのです。

虫歯でどうしようもなくて、神経治療をせざるを得ないことは多々あります。それはそれで仕方のないことで、ただ、そうなる前にもっと早い段階で虫歯を取り除くことで、歯の神経が守れるのです。

歯の命の源の神経!大事にしてほしいのです。

痛くないからまだ大丈夫!と、多くの方がおっしゃられます。

でも本当にそうなのでしょうか??

ちゃちゃっと描いたので、雑で申し訳ないのですが😓

文字で説明するとわかりにくいので、絵にしてみました✌

けども、文字でも説明します!

歯の表層は、エナメル質というもので覆われています。ここには、熱い、冷たい、痛いなんていう感覚を感じないところなのですが、エナメル質の下には、象牙質といものがあります。その象牙質で、痛みを感じるのです。象牙質の中に神経はいます。痛いと感じたときには、この象牙質まで虫歯が進んでしまっているのです。手遅れになる前に、早めの受診と治療を、すごくおすすめします‼‼‼

2019/02/152019/02/15

こだわりその②の感染予防対策はこんな感じです

今日は麻布十番ザ・タワーデンタルでこだわっている3つの事項の②についてお話します。

まあ、堅苦しくて、読みたくなくなるね(笑)

で、しかも②って何?って感じだしね。

ハイ、②はですね、大学病院レベルの感染予防対策をがんばってますってやつです。

過去に何度か、歯を削る道具(タービン)を使い回ししているという記事が出るのですが、未だにそのようなクリニックがあるのかと私でさえ疑ってしまうのですが。厚生労働省の調べによると、患者さんごとに滅菌してるのは、全国で30%に過ぎないようで驚きました。

歯の治療は、少量ですが出血を伴います。正しく取り扱わないと、病気の感染のリスクがあるのです。

そのために、出来る限りのことを麻布十番ザ・タワーデンタルでは行っています。

まずは、酵素系洗剤につけて、血液などのタンパク質を分解除去し、歯科用の洗浄機で洗います。

 

この謎めいた青い光を放っているのが、歯科用の洗浄機です。これが冬場だと2時間かかるんです。

そりゃ、きれいになりますわ。あんまり興味ないと思いますが、これ、洗浄の工程で色が変わるんですよー。

これが、歯を削る道具を滅菌するや機械

こちらは、滅菌器。これで菌は排除!

菌との戦いなんだなあと、つくづく思います。虫歯も歯周病も、根の治療である根管治療も。

また患者さんごとに、治療中にはめるゴム手袋、エプロン、紙コップ、器具を置くトレイなどを使い捨てにして、使い捨てにできない診療器具は、こんな感じで感染源を死滅させるので、安心して治療を受けていただけます。

当たり前のことなんだけど、安心して治療が受けられるっていいなあと、自分のクリニックを自画自賛です(笑)