ウィーン大学でセミナー受けてきました③

セミナーの内容は詳しくは書けないのですが、とても有意義でとても学びが多かったのは事実です。

そんな内容を教えてくれたのは、ドイツのバーデンバーデンで開業されているDr.Beschnidtとウィーン大学で教授をしているDr.Seemann。

2人ともとても優しくて、しかもかっこいい!

本当に手先も器用で驚く程。べシュミット先生は、インプラント審美歯科がとても得意で世界的に有名な先生なんです。べシュミット先生にお会いしたのは、これで2回目なのですが、本当にいい人でなんていうかパーフェクト!!茶目っ気たっぷりなところも素敵です。セミナー中、質問があってべシュミット先生ーと呼ぶと、違うよ、ぼくはマーカス!マーカスって呼んで!って言うんですよね(笑)

ジーマン先生も、もうそれはそれは器用で。2人は息がピッタリ。2人も世界的に偉い先生なのに、全然気取ってないくて、人格的にもすばらしい。こんな先生達から学ぶことが出来て本当に感謝です。クリニックを休ませてもらって、患者様にはご迷惑おかけしましたが、この学びを皆様に還元していこうと思っています。本当にありがとうございました。

ウィーン大学でセミナー受けてきました②

ウィーンでは決められたホテルに泊まっていたのですが

ホテルの目の前には素敵な教会がありました。

 

とても素敵なところです。

中のステンドグラスが素敵です。

こちらにも火を灯しました。

特にキリスト教でもないのですが、厳かな気持ちになりますね。

毎日お天気がよくてよかったです。

ウィーン大学でセミナー受けてきました①

10月の末にウィーンでセミナーを受けてきました。

主にインプラント関連の内容ですが、とても濃い内容の日々で、あっという間に時間は経ちました。

こちらが通ったウィーン大学入ってすぐのところ。

ここの大学は、門とかなくて、道歩いてると突然入り口みたいな感じなんですが、入ると中はこんな感じで格式高い?

入って左向いてみると奥に扉

でも教室は右に向かいます(笑)

他の学生さん?と紛れて、通うと数日でも、学生時代に戻った感じになりますね。

学生時代は勉強や試験が苦しくもあり、でも友達たちと乗り越えた日々は楽しくもあり、学生っていいなあって思います。試験なければ、また戻ってもいいかなと思います(笑)私の大学は、当時卒業試験が3回あって、どんどん振り落とされていくんです。。。卒業試験に合格しないと国家試験は受けられないので、もう必死です。新潟で当時は雪もよく降っていて、いろんな意味で辛かった(笑)

で、そんなん思い出しながらここに通いました。