ずっと前に買って眠っていた本がありまして。

ごくたまに調べたいことを見てみたりしていたものの、真面目に全然読んでなかったので、最近少しずつ読むようにしています。

一般の方はもちろん、歯科医師にも、興味を持つ人が少ないこの本。

根管治療についてのバイブル的な本。

すごい分厚いのです。そして文字は小さく、紙も薄い。よってページが膨大。

果たして、読み終える日が来くるのか、来ないのか、、、来ない気もしつつ(笑)

なんかこういうのって、辞書的に使うほうが効率がいいような気もしてくるね!

いや、だって、この中身みただけで、ねえ(笑)