小児矯正に力を入れています②

さて前回からの続きです。

口で呼吸することの弊害を色々と述べました。

命を守るために、生きるために口呼吸になっている可能性もあります。

口呼吸はどんなことになっているかイラスト描いてみました。

(ちょいちょいイラスト描きたがる笑)

呼吸と舌の位置が関係しています。

麻布十番ザ・タワーデンタル,口呼吸,プロクリエイト,procreate,歯科矯正,小児矯正

左が正常な状態、右が口呼吸をしてる人の舌の位置です。

正常な状態だと舌は上顎(前歯に触れない程度の位置)を触った状態です。これによって、鼻の穴から空気が入り込んで息ができる状態。(鼻呼吸)

しかし、右側の状態の口呼吸になると、通常上顎に接する位置にある舌が口から肺に空気を送りやすくしようと、下方に力なく位置するようになります。(低位舌と言います)

また舌が下に位置するために、下の前歯を押し歯並びが悪くなったりします。

では次からは、この低位舌によって起こりうる歯列、顎顔面部への影響についてもう少しお話ししたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You May Also Like

結婚式

先日、以前の職場で一緒に働いていたスタッフの結婚式に行ってきました 彼女とはかれこれ9年目の付き合いになります。 あっという間でした。 そんな子が結婚したなんて感無量 このウエディングケーキちょっと食べちゃったんですけど…
続きを読む