小児矯正に力を入れています②

さて前回からの続きです。

口で呼吸することの弊害を色々と述べました。

命を守るために、生きるために口呼吸になっている可能性もあります。

口呼吸はどんなことになっているかイラスト描いてみました。

(ちょいちょいイラスト描きたがる笑)

呼吸と舌の位置が関係しています。

麻布十番ザタワーデンタル口呼吸プロクリエイトprocreate歯科矯正小児矯正

左が正常な状態、右が口呼吸をしてる人の舌の位置です。

正常な状態だと舌は上顎(前歯に触れない程度の位置)を触った状態です。これによって、鼻の穴から空気が入り込んで息ができる状態。(鼻呼吸)

しかし、右側の状態の口呼吸になると、通常上顎に接する位置にある舌が口から肺に空気を送りやすくしようと、下方に力なく位置するようになります。(低位舌と言います)

また舌が下に位置するために、下の前歯を押し歯並びが悪くなったりします。

では次からは、この低位舌によって起こりうる歯列、顎顔面部への影響についてもう少しお話ししたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

銀座 六覺燈@麻布十番

昨夜はいつも頑張ってくれてるスタッフの大岡さんと いつもありがとうご飯会をしてきました 麻布十番にある、銀座 六覺燈さんです。 串揚げ屋さんで、とてもとても美味しいのです こんな感じー オススメのソースを串の向きで教えて…
続きを読む

卵焼きを極める!

卵焼きって、簡単そうで難しい! 卵焼き器のテフロンが ダメになってから、卵焼き焼こうとすると、もうくっついちゃって失敗するんですよね。 卵焼きのはずが、スクランブルエッグになってしまいました(;o;) そこで、新しい卵焼…
続きを読む

院長おすすめグッズ

最近のお気に入りはコチラ 舌ブラシ 舌を磨くと、オエッとなったり なんか舌がヒリヒリ、ピリピリしたり とりあえず、あんまりいい感じが今までしなくて けっこう放置だったのだけど えーだよね(笑) 歯科医なのに(笑) でもこ…
続きを読む