インプラントのオペ前には、歯の模型を作ります。

歯がないところに、ワックスで歯を作って、実際の歯が入った状態を作ります。

かみ合わせを見て、歯の位置決めて

CT画像と照らし合わせて

 

 

写真でいうと、歯型のグレーのところです。

これはまだ途中なので、歯の形は全然だめなのだけど

なにもないところから、ワックスを盛り足して、彫刻して、、、

学生時代を思い出す〜。

1年生の時に、石膏の棒を各歯型に彫刻するっていう夏休みの宿題があったんですよね。

それぞれの歯の形の特徴を覚えるためなんですけど、まあ苦労したのを覚えています(笑)

でも、あれはみんな苦労してたような。1年の夏休みなんで、ほぼ歯科の素人だし。

ただ、今思うと歯の彫刻なんて実は大したことなくて、

その後にもっともっと大変なこといっぱいやってきたんですよね。

毎日違う科の実習があって、そのそれぞれの科で宿題が出るために、

毎日夜中過ぎまで宿題して、あれは本当に毎日大変だったけど

しかし一番辛かったのは、卒業試験でしたね。。。

当時、私の大学では、6年生の時に3回試験があって、1回目に合格しないと2回目受けられなくて、3回目に合格しないと卒業出来ないから、国家試験も受けられない。

そして、1→2→3回目の順に、難しくなっていく形式。

卒業試験の勉強は、ホントによくしましたわ。1日18−19時間くらいしてたような。。。

でも学生時代楽しかったなぁ。