小児矯正に力を入れています⑥

口呼吸をしていると、咽頭部(喉)にも影響をします。

喉には、多くのリンパ組織が集まっています。

12歳で発育が190%と言われています。その際に、口呼吸で乾いた空気が咽頭へ常に入っていくと、扁桃がさらに大きくなってしまい、気道が狭くなり、ますます鼻で呼吸をしにくくなります。

扁桃が腫れることで、中耳炎になり易かったり、乾いた空気が口から入るために、喉が乾きやすかったり咳が出やすかったり、風邪にかかりやすい、熱が出やすい、などなど、身体への不調も出たりするんですね。

なんだか、口呼吸、、、悪いことばかりじゃないですか!!

でも私も時々口呼吸になってるの実感します。私の鼻腔は人より結構狭くて、有酸素運動した時なんて、鼻で呼吸が追いつかなくて口呼吸になってしまいます。それはそれでツラくて💦他にも原因はあるんでしょうが💦

細い狭い道路を運転するより、大きな国道走る方が楽ちんじゃないですか?こんな例えで合ってるのかどうなのかですが、そんなイメージです。大きな道の方が酸素をたくさん取り込めるって話です😅💦

麻布十番ザ・タワーデンタル,小児矯正,舌癖,弄舌癖,procreate,V字歯列,上顎前突,出っ歯,鼻腔が狭い

だんだんイラスト描くのにも限界が出てきましたね笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

11月の始まり

今日から11月ですね 今年もあと2ヶ月。 早いです。 年々早く感じます。 歳取った証拠かしら。 ただ、確実に歳は重ねてます(笑) 先週末の六本木は ハロウイーンの仮装の人達で溢れかえってましたね。 時々、超リアルな感じの…
続きを読む

ラッピング

先日、大学の友達とご飯をしました 青山一丁目のとっても美味しいもつ焼きやさんに連れて行ってくれました で、会う前夜に、その友達に、麻布十番の百均でラッピング用品買ってきてと言われ まあ、買うのも何なので、手作りしてみまし…
続きを読む